MENU

督促状が届くまで借金返済を放置してしまったら

借金の返済を長期に渡って行わないと、債権者側も回収を行うために様々な方法による取り立てを行います。しかし、それでも返済に応じない場合にはさらに一歩進んだ方法によりお金の回収を行います。それが、支払督促によるものです。

 

支払督促はそれまでの催促状などとは異なる力の強い書類となり、督促状が届いてそのままにしていると様々な問題が生じてしまいます。その中で最も大きな問題となるのが差し押さえで、支払督促が届いてから一定期間で何らかのアクションを起こさないと給与の差し押さえとなってしまう場合があります。

 

給与が差し押さえられると今までの返済以上の負担となる可能性があり、今後の生活に与える影響も非常に大きなものとなります。手取りの給料が大幅に減ってしまうために生活もままならなくなり、それこそ自己破産などが必要となります。

 

そうなる前に手を打たなければならないので、支払督促が届いたらまずは冷静にどのようにすべきかを考えるようにしましょう。ネット上にも様々な情報がありますが、確実なのは弁護士への相談です。弁護士の無料相談を活用して支払いの督促状が届いた場合に関して詳しく話を聞けば、今後も安心です。

 

借金が既に払えない状態となっているのであればあわせて債務整理の相談も進められるので、借金返済に困っている方はまずは弁護士への相談です。