MENU

返せないほどの借金に膨れ上がってしまったら

借金は適度であれば暮らしに役立つ、助かる場合もあるものですが、借金がクセになってしまって借り入れを重ねてしまうと、気が付いたときにはとても返済ができないような金額になっていることもあります。

 

今では貸金業者からの借金は総量規制によって年収の3分の1までと決められていますが、それでも年収に対する3分の1の借り入れは他の支出の状況によっては返済ができなくなる可能性があります。もともと総量規制が施行される前の段階では年収の3分の1が返済のボーダーラインとも言われていたため、いっぱいまで借りてしまうと借金返済が非常に大きな負担となるのです。

 

毎月の支払いは何とかできており、ボーナスなどのまとまったお金が入ったときに一気に借金が減らせる計画があれば良いのですが、それすらもなく毎月の返済すらもままならない状況の方は、どうにかして借金問題を解決しなければなりません。

 

払えないからと借金をそのままにしていても何も解決はできないので、借金問題で困った方は専門として扱う弁護士を頼ってみましょう。

 

弁護士の多くはクレジットカードやカードローンによる借金問題を扱っていますが、得意としているかは弁護士によって様々です。中には一応は対応はできてもスムーズな解決ができるかはわからないといった弁護士もいるので、相談をする際には借金解決の実績が豊富な弁護士を探すと良いでしょう。

 

お金が無いのに返済日が迫ってくるとお金が返せないとどうなると負担になってしまうものですが、焦らずにまずはメールや電話での無料相談を進めてみることをおすすめします。