MENU

示談交渉は弁護士の得意分野であると言える

示談を進めるにあたっては交渉力が必要となるのは言うまでも無く、しっかりとした正しい知識を持っていないと示談では不利になります。示談と言っても様々な内容がありますが、例えば交通事故に関する示談であれば過去の判例などの知識があれば有利に進められます。

 

しかし、交通事故の被害に遭ってしまった方が示談のために過去の事例や判例を調べ上げるのは大変で、事故による怪我の治療もしながらとなると示談もうまくスムーズに進められなくなってしまいます。

 

そこで頼れるのが弁護士で、弁護士事務所の多くでは交通事故に関する示談の相談、解決の依頼を請けてくれます。被害者側の依頼であれば最大限に交通事故の被害者が有利になるように示談を進めてくれるので、受け取れる慰謝料の金額も自分で示談を進めるよりも多くなるケースがほとんどです。

 

また、保険会社を相手にする示談交渉では何かと専門知識や用語を出されて話しづらいと感じるものですが、弁護士に交通事故示談の依頼を行えば全て間に入って示談を進めてくれるため、被害者側は特に面倒なことなく解決まで任せられます。

 

交通事故の示談は当事者同士で進めてしまい、後々で金銭面でのトラブルに発展することも多いです。特に交通事故が多い地域にお住まいの方はいつ被害に遭ってしまうかは分からないので、全国で交通事故件数が1位となっている愛知県の方などは、万が一のときには愛知県の交通事故慰謝料請求を有利に進めるための示談の依頼を弁護士に行うようにしましょう。